債務を整理したことは、会社に内密にして

債務を整理したことは、会社に内密にしておきたいものです。
仕事場に連絡されることはないはずなので、気づかれることはないです。

ただ、官報に掲載されてしまうこともあり得ますので、見ている方がいれば、知られるかもしれません。
家族に秘密裡にお金を借りていたのですが、とうとう払えなくなり、債務整理する事になってしまいました。

かなり多額の借金があるため、もう返済出来なくなったのです。相談に乗ってくれたのは偶然目に入った弁護士事務所でかなり安い値段で債務整理をやってくれました。
たとえ任意整理を行っても、あまりデメリットはないと考えてしまいがちですが、実際にはあるということを知っておられますでしょうか。

それは官報に掲載されてしまうことです。

噛み砕いて言うと、他に人に知られてしまう可能性もあり得るのです。

それが任意整理の一番大きなデメリットだという風に言えるかもしれません。債務整理を行うと、結婚の際に影響があるかもしれないと思っている人がいますが、債務を整理せずに、大きな借金があるほうが問題です。

債務整理をしたために結婚に影響する欠点として考えられるのは、家を建てたい時、債務整理を行った後、7年間は住宅ローンが組めない事です。
7年間以上あけるとローンを組むことが可能になります。任意整理とは、債権者と債務者との話合いのなかで、金利の引き下げや元金のみの返済でいいように依頼するという公共機関の裁判所を使わずに借りたお金を減額する手段です。大部分の場合、弁護士、司法書士が債務者の代わりに意見をかわし、毎月の支払額を減少させることで、借金を全て払える道筋がついてきます。

私は個人再生としたおかげで、月々の家のローンの支払いがとても軽くなりました。
以前は、毎回返していくのが厳しかったのですが、個人再生によって債務が軽くなったので返済にかかる金額が非常に少なくなり、生活にゆとりが生まれました。

勇気を出して弁護士に相談して良かったと本当に思っています。個人再生にはいくらかの不利な点があります。

一番大きいのは費用が高いことで、減額した以上に、弁護士に支払う金額が多いなんて事もあります。

また、この手段は手続きが長い期間となるため、減額適用となるまでにかなりの時間を費やすことが多いのです。債務整理をしても生命保険をやめる必要がないことがあるのです。

任意整理を実行しても生命保険を解約しなくても良いのです。注意すべきなのは自己破産する時なのです。自己破産をするとなると生命保険を解約するように裁判所によって命じられることがあります。

個人再生とは借金整理の一種で借金を減らしてその後の返済を楽にするといったものです。これを行うことにより多数の人の生活が楽になっているという事実があるのです。

私も先日、この債務整理をして助かったのです。私はお金を借りたことで差し押さえのされそうになったので財務整理を決意しました。債務の整理をしたら借金がとても少なくなりますし、差し押さえを免れられるからです。
家からそう遠くない弁護士事務所で話を聞いてもらいました。家族と同じような気持ちになって相談にのってくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA